警察でも闇金相談はできる

警察も闇金相談を受け付けています。
交番などではなく、闇金相談に対応した課がある警察署へ行きましょう

 

警察での闇金への対応は、取り立てなどをストップするように連絡を入れる、パトロールをして相談者を守るといったものが主なものです。

 

ただし、被害届などを提出する必要があります。
さらに、違法な取り立てをしている、嫌がらせのチラシなどをまかれているといった証拠も集めないといけません

 

取り立てに関しては録音をしておく、時間や回数、取り立てに訪れた人数など詳細をきっちりとメモに残すことで証拠とできます。
チラシなどは捨ててしまわず、とっておきましょう。

 

警察は民事不介入を原則としています。
そのため、明らかな暴力行為や危険な状況などでないと、即座に動いてくれないこともあるでしょう。

 

弁護士や司法書士は、いかに早く取り立てを止めるかという点を中心に対応してくれます。
警察とはここが大きな違いになるでしょう。

 

もしもこれまでの取り立てや嫌がらせで、精神的にも疲れているのなら、弁護士事務所などに依頼したほうが、安心感を得られるケースも多いのです。
費用対効果を考えて、相談先を決定するとよいですね。

 

最初に警察に相談に行くのは、不安もあります。
また、闇金からの取り立てなどが激しくなったり、嫌がらせとなったりすると、余計に困ると考えてしまうかもしれません。

 

しかし、闇金被害はそのままにしておくことはできないのです。
違法な業者には、強い気持ちを持ってしっかりと対応していきましょう。